2011年07月07日

iOS6へのバージョンアップで予定が消えた場合

☆iOS6へのアップデートやiOS6環境でのよくある質問やトラブルへの対応方法について


Q.アップデートしたら予定が全て消えて、予定の登録もできなくなった。

A.予定を表示させるにはiPhoneの設定>プライバシー>カレンダー から縦型カレンダーをオンにして下さい。

縦型カレンダーではカレンダーの予定のデータの管理はiPhoneの標準カレンダーが行っています。
iOS6からiPhoneの標準のカレンダーのデータへアプリがアクセスする場合にユーザーの許可が必要になりました。この選択で拒否をした場合には縦型カレンダーで表示していた予定が全て表示されなくなります。
予定を表示させるにはiPhoneの設定>プライバシー>カレンダー から縦型カレンダーをオンにして下さい。


iOS6関連以外の一般的によくあるご質問は下記のURLをご参照下さい。
→→→http://tategatacalendar.seesaa.net/article/234693100.html
posted by ユニタック at 10:30| Comment(10) | 縦型カレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よくあるご質問

☆よくあるご質問について


Q.iOS6へアップデートしたら予定が全て消えて、予定の登録もできなくなった。iOS6で全く予定が表示されない。

A.データを表示させるにはiPhoneの設定>プライバシー>カレンダー から縦型カレンダーをオンにして下さい。


特にiOS5にまつわる問題等については下記URLにまとめておりますのでご参照下さい。
→→→http://tategatacalendar.seesaa.net/article/230934036.html


Q.祝日が英語になった!
縦型カレンダーで利用している祝日のデータはAppleが管理しているのですがこれがなぜか英語に変わったようです。(2012.11.03現在)。時間が経てば日本語に戻る可能性もありますが現状で日本語にするためには、下記URLをタップして参照するを押してみて下さい。
https://www.google.com/calendar/ical/ja.japanese%23holiday%40group.v.calendar.google.com/public/basic.ics

Q.予定の入力が全くできない!
A.おそらくこの場合はiPhoneの標準のカレンダーで予定の入力が出来ない状況になっています。
これはiOS5環境で何例か報告を受けておりますiPhone上へカレンダーが存在しなくなっている現象です。
復旧方法はiCloudでカレンダーをオンにするか、Googleカレンダーとの同期を行うことです。
詳しくは下記URLをご参照下さい。
→→→http://tategatacalendar.seesaa.net/article/230934036.html


Q.予定が全く表示されない!
A.下記の手順をお試し下さい。
@縦型カレンダーの左上のカレンダーボタンをタップ
A全てのカレンダー名の横にチェックマークを付ける
B月間予定の画面で予定が表示されるのを確認して下さい。
C月間予定でうまく表示された場合には、縦型カレンダーの設定>「カレンダー 1日表示」から必要なカレンダー名の横にチェックを入れて下さい。


Q.予定が消えた!
A.多くの場合カレンダーの同期期間の設定を修正することで回復します。カレンダーのデータの管理はiPhoneの標準カレンダーが行っています。その中で利用されるカレンダーは大きく分けて外部同期型のカレンダーとローカルカレンダーの2種類のカレンダーがあります。それぞれについて下記設定をご確認下さい。
<<GoogleカレンダーやiCloudカレンダー等のWebタイプのカレンダーと同期している場合>>
(1)iPhoneの設定>「メール/連絡先/カレンダー」の一番下の方にある「カレンダー 同期」が「2週間前のイベント」等になっていないかご確認下さい。もしそうであるならば、ここを「6ヶ月前のイベント」や「すべてのイベント」に変更して頂き、iPhoneの標準のカレンダーを立ち上げてしばらく待ち、1ヶ月以上前のイベントが表示されるのをご確認下さい。

(2)「すべてのイベント」等に変更してiPhoneの標準カレンダーを立ち上げても過去の予定が表示されない場合は、一度、iPhoneの設定>「メール/連絡先/カレンダー」からGoogleカレンダーのアカウントを選択し、カレンダーの同期を一度オフにして下さい。その後、オンにすることで全てのイベントを取得できる場合もあります。

(3)Googleカレンダーとの同期をExchangeを利用しておりかつ、上記「すべてのイベント」を選択していても1ヶ月前の予定が表示されない場合
現在、本現象が生じるという報告が入っております。
この場合の対策はExchangeを使った同期方法から、フェッチ型の同期に方法に切り替えます。
手順は下記URLをご参照下さい。
http://tategatacalendar.seesaa.net/article/215978132.html

<<GoogleカレンダーやiCloudカレンダー等のWebタイプのカレンダーと同期せずiPhoneのローカルカレンダーを利用している場合>>
・iCloudでカレンダーをオンにせず、iPhoneの設定の「メール/連絡先/カレンダー」からアカウントの追加を行っていない場合はこの項目に該当します。
(4)PCやMacとiPhoneをつないだ後に過去のデータが消えた場合
(a)PCとiPhoneをつなぎiTunesが立ち上がり同期が自動で始まることを確認。
「情報」を選択する。
(b)「カレンダーを同期」の所の「イベントを同期する日数」のチェックを外し日数を0日にする。
(c)再度同期を行う。
(d)以上の手順で元に戻らない場合は「縦型カレンダーの設定>お問い合わせ」にてご連絡頂けばと思います。

(注意)iPhoneとPCを繋ぎ同期を行うときにOSがWindowsでありMicrosoft Outlook等がインストールされていない場合にiTunes上でカレンダーの同期が設定できない状況にある場合があります。この条件下でiPhoneの数ヶ月前の予定が消えてしまうが同期間の設定を変更できないという現象が発生する事例があります。この場合はカレンダーの同期もとられていないためバックアップもなく復旧不能の事態に陥る可能性があります。
ローカルカレンダーを利用していてiTunes上で同期ができていない場合はiCloudでカレンダーをオンにしてクラウド上にバックアップをとることをお奨めします。

(5)特にiOS5で本現象が発生する場合は、下記URLをご参照下さい。
→→→http://tategatacalendar.seesaa.net/article/230934036.html

Q.アイコンの右上の赤丸の数字は何ですか?どうすれば消せますか。

A.アイコンの右上の赤丸は、バッジと呼びます。設定で当日の日付や未消化の予定数を表示できます。縦型カレンダーの設定>その他 バッジ にて、無しを選択することで非表示にできます。



Q.長期予定の矢印を出すにはどうすればよいですか?

A.新規予定の入力時に開始の日付が2011年11月11日である場合、終了の日付を2011年11月13日等開始日より後の日付に設定することで矢印が表示されます。


Q.祝日を表示させるにはどうすればよいですか?

A.下記手順をお試し下さい。
縦型カレンダーの設定>カレンダー 祝日読込み>日本 をタップ。
しばらくすると「カレンダー日本の祝祭日を照会しますか?」とメッセージが出るので、照会ボタンを押します。
少し待つと「カレンダー日本の祝祭日が追加されました」とメッセージが出るので完了ボタンを押します。
その後、縦型カレンダーの設定>カレンダー 祝日設定 をタップし、日本の祝祭日を選択します。
すると、祝日に対しての背景色や文字色を設定できます。
※祝日のカレンダーを非表示にして文字色や背景色だけで祝日を把握することも出来ます。


Q.登録した日本の祝日を削除したい

A.下記手順をお試し下さい。
iPhoneの設定>「メール/連絡先/カレンダー」>「アカウント :照会中のカレンダー」から日本の祝日を選択し、「アカウント」の削除を押す。



Q.文字が小さい。

A.下記手順をお試し下さい。
縦型カレンダーの設定>月表示 フォントサイズをLにして、太字をONにして下さい。
特に太字をオンにするとだいぶ見やすくなると思います。


Q.見た目がイマイチ。

A.縦型カレンダーは外観のカスタマイズができます。
縦型カレンダーの設定>背景色をすべて白にすると、モノトーンな感じでだいぶイメージが変わります。
設定のバーの色や、罫線の色を変えると見た目の感じが変わります。
文字フォントや矢印の太さも変更できますので、自分好みの設定に変えてカスタマイズしてみて下さい。



Q.六曜を表示したい。

A.下記手順をお試し下さい。
縦型カレンダーの設定>月表示 六曜をONにして下さい。


Q.祝日のアラームを消したい!


A.Appleが公開しています祝日カレンダーはデフォルトではアラームがついてしまいます。
アラームを消すためには、下記手順をお試し下さい。
iPhoneの設定>「メール/連絡先/カレンダー」>照会中のカレンダー>Personal(又は日本の祝祭日)を選択。下の方にある「アラームを削除」をONにする。


Q.iPhoneの標準カレンダーと同期させず独立して使いたい。

A.縦型カレンダーではiPhoneの標準カレンダーのデータを使用していますので、アプリ単独での動作はできず、予定のデータは標準カレンダーと同期してしまいます。
しかし縦型カレンダー及びiPhoneの標準カレンダーは共に表示するカレンダーを選択できますので、縦型カレンダー用のカレンダーを決めることで独立した使用と似た感じでご利用することができると思います。

縦型カレンダーの設定>1ヶ月表示で現在iPhoneに登録されているカレンダーを確認してください。
その中で予定を入力していないカレンダーがあればそれを縦型カレンダー専用として使用して頂ければと思います。

そして表示するカレンダーをカレンダーアプリごとに設定することでそれぞれ独立して運用して頂ければと思います。

空いているカレンダーがない場合には、Googleカレンダーでカレンダーを増やして、縦型カレンダー専用に使用することもできます。
iOS5であればiPhoneの標準のカレンダーを立ち上げて、左上のカレンダーボタンを押して頂き、表示するカレンダーを選択する画面の左上の編集ボタンを押すとカレンダーの追加という項目が出てくるので、これでカレンダーを追加する事も可能です。

また新規入力時のカレンダーは、iPhoneの設定>「メール/連絡先/カレンダー」の下の方にあるデフォルトカレンダーの部分で変更することができます。




posted by ユニタック at 10:00| Comment(53) | 縦型カレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iOS5で困ったことのQ&A

☆iOS5へのアップデートやiOS5環境でのよくある質問やトラブルへの対応方法について



iOS5関連以外の一般的によくあるご質問は下記のURLをご参照下さい。
→→→http://tategatacalendar.seesaa.net/article/234693100.html

Q1.日付のバッジ(アイコンの右上に表示される赤丸の数字)が表示されない

A.iOS5からアイコンのバッジはユーザーがコントロールできるようになりました。
バッジを表示させるためには、iPhoneの設定>通知から縦型カレンダーを選んで頂き、Appアイコンバッジ表示をオンにして下さい。



Q2.日本の祝日がずれる。
A.Appleから提供されている日本の祝日のデータが今まで異なってしまっている現象を確認しました。
現象としては、日本の祝日が1日ずれたり、2日間に渡って矢印表示になってしまったりしました。

祝日がずれた場合の対策としては、iPhoneの設定>「メール/連絡先/カレンダー」>照会中のカレンダー>日本の祝祭日を選んで頂き、アカウントの削除をクリックして下さい。

その後、縦型カレンダーの設定>カレンダー 祝日読込みから日本を選択して頂き祝日データを再取得して下さい。
弊社にこの現象を確認できた時には、本作業を2回行うことで正常なデータを取得できました。


Q3.iOS5で予定を入力すると必ずアプリが落ちる。およびiPhoneの設定からデフォルトのカレンダーの項目が消えてしまった。
A. この問題はiPhoneの標準カレンダーのデフォルトカレンダーの設定に異常が起きていると思われ、最初からiOS5の端末の場合およびiOS5へバージョンアップした場合の両方で本事例が生じる可能性があります。
本問題は、下記の手順で確認できます。
iPhoneの標準のカレンダーを起動した時に以下の画像のように画面の右上と左上のボタンが消えていないか確認して下さい。
カレンダーのスクリーンショット.png

もしもこのような状態になっている場合は現在把握している復旧方法としては以下のとおりです。
iPhoneの設定からiCloudをオンにする。
iCloudの対象項目の中からカレンダーをオンにする。
(ただしiCloudをオンにした場合、スケジュールがすべて消えてしまう等の問題をよく耳にしますのでバックアップをとってから実施して下さい)
iPhoneの標準のカレンダーを立ち上げてうまくいったか確認して下さい。
iCloudのカレンダーを一度オンにすることで復旧した場合は後は、オフにしても大丈夫だと思います。
(iCloudをオンのまま使用する場合は、iPhoneの設定>「メール/連絡先/カレンダー」の下の方にある「カレンダー 同期」の期間を全てのイベントに変更して下さい。)


Q4.iOS5へのバージョンアップでカレンダーのデータが消えてしまった。
A.本事例もよく見聞きしております。<2011.10.18>
消えたデーが復旧可能かを調べるために下記の点をご確認下さい。

1)データは残っているが表示されていないだけの可能性もあります。
iPhoneの標準カレンダー>左上のカレンダーをタップ>全てのカレンダーにチェックマークが付いているかご確認下さい。バージョンアップ後に表示のチェックがオフになってしまう場合があります。
これで表示されるならばデータは残っていますので、縦型カレンダーでも同様に表示可能です。

2)消えてしまったデータはGoogle等と外部同期を行っていましたでしょうか。
Googleカレンダーを登録していたiPhone上でのアカウントが消えてしまっている可能性があります。
iPhoneの設定>「メール/連絡先/カレンダー」のアカウントから同期していたアカウントが存在しているかご確認下さい。
このアカウントが消えてしまっていた場合には再度アカウントを追加して下さい。


3)Google等と外部同期を行っていて複数のカレンダーと同期をとっていた場合にメインのカレンダーしか同期されない状況になっている場合もあります。この場合は一度アカウントを削除、再度登録を行ってみて下さい。
私のiPhoneではGoogle Sync使用した同期(Exchangeと表示される)を行っていましたが、この現象が発生し非常に苦労しました。複数のカレンダーを同期する場合にはgoogle syncでカレンダー名にチェックを入れるのですが同期がとれず困っておりました。私の場合はgoogle syncでサインアウトしたり、iPhoneの設定で他のアカウントも削除したりしている内にうまくいきました。
>>この現象に遭遇した場合、Gmailを利用したフェッチ型の同期に切り替えることで復帰できる報告例があります。
http://tategatacalendar.seesaa.net/article/215978132.html

4)iPhoneのローカルのカレンダーデータを使っていてデータが消えてしまった場合
iCloudでカレンダーをONにしていますでしょうか。この場合にデータが消える例も報告されています。
iPhoneの設定>「メール/連絡先/カレンダー」>iCloud からカレンダーをオフにしてみて下さい。


5)iCloudをONにしていない場合
iPhoneのカレンダー情報はMacならiCal、WIndowsならOutlook等と同期を取られていたでしょうか。
同期が取られていてデータそちらに残っているならばデータの復旧可能です。

またiCloudを一度ONにした後、OFFにした過去のカレンダーの予定が消えてしまったような場合には、設定で戻る場合もあります。iPhoneの設定>「メール/連絡先/カレンダー」の一番下の方にあるカレンダーの同期 の期間の設定が2週間前のイベント等になっている場合はここを6ヶ月前のイベントよすべてのイベントへ変更して見てください。


6)iCloudをONにしてなく、iPhoneのカレンダー情報はiCalやOutlookと同期していない場合
非常に復旧が困難な状況ですがバックアップからの復元を行うのが基本だと思います。
それでもだめならTime Machine等をご利用されているならば以前のバックアップを利用可能になりますので、そこから最新よりも前の状態のバックアップからの復元に賭けてみるという手もあります。


7)Appleのサポート
最終的にはAppleのサポートに連絡してみる価値もあると思います。
http://www.apple.com/jp/support/iphone/contact/


Q5.1ヶ月以上前の予定が消える。
A.多くの場合はiPhoneの設定で解決するのですが、Exchangeを使った方法Googleカレンダーとの同期でも現象が発生する場合があります。<2011.11.8>
1ヶ月前の予定が消える現象に遭遇した場合は、まずは下記設定をご確認下さい。
(1)iPhoneの設定>「メール/連絡先/カレンダー」の一番下の方にある「カレンダー 同期」が「2週間前のイベント」等になっていないかご確認下さい。もしそうであるならば、ここを「6ヶ月前のイベント」や「すべてのイベント」に変更して頂き、iPhoneの標準のカレンダーを立ち上げてしばらく待ち、1ヶ月以上前のイベントが表示されるのをご確認下さい。

(2)「すべてのイベント」等に変更してiPhoneの標準カレンダーを立ち上げても過去の予定が表示されない場合は、一度、iPhoneの設定>「メール/連絡先/カレンダー」からGoogleカレンダーのアカウントを選択し、カレンダーの同期を一度オフにして下さい。その後、オンにすることで全てのイベントを取得できる場合もあります。

(3)Googleカレンダーとの同期をExchangeを利用しておりかつ、上記「すべてのイベント」を選択していても1ヶ月前の予定が表示されない場合
現在、本現象が生じるという報告が入っております。
この場合の対策はExchangeを使った同期方法から、フェッチ型の同期に方法に切り替えます。
手順は下記URLをご参照下さい。
http://tategatacalendar.seesaa.net/article/215978132.html

どうも最近Exchangeを利用した方法での不具合が多発しているようです。
Googleカレンダーとの同期関係で、どうしても解決できない問題が発生した場合には一度上記フェッチ型の同期に切り替えてみるのがよいと思います。


Q6.イベントに複数の通知を入れるとフリーズする。
iOS5より、Exchangeを利用したGoogleカレンダーとの同期は通知を2つ以上入れるとフリーズしてしまいます。これはAppleの仕様変更にともなう現象なので今後はExchangeをご利用の場合は1つしか通知を入力できないように致します。
そのため予備の通知を入れたい方は、Gmailを利用したGoogleカレンダーとの同期を行って下さい。
http://tategatacalendar.seesaa.net/article/215978132.html






posted by ユニタック at 09:35| Comment(58) | 縦型カレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。